助産師転職の年収

助産師の年収は地域差などもありますが、おおよそ530万円前後です。これは看護師の平均年収と比較をするといい方だといえます。また、事務仕事のOLさんよりも、多くもらっているかもしれません。助産師は看護師資格も取得していますので、看護師から助産師へのステップアップをはかる人も多くいます。

看護師は仕事がきつく、常に忙しく動き回っているのですが、助産師になると正反対に赤ちゃんの誕生を静かに見守り待っているという状態になることもあります。そのため、心身の負担を軽減するために看護師から助産師へ転職をする人もいます。

産科が激減している現在では、出産をする場所がないという声も出ています。助産師の資格を持っていれば助産院を開業することができます。正常分娩のできる産婦さんなら助産院での出産をすることができるので、助産師の活躍に期待の目が向けられています。

病院での出産はなんとなく、機械的で落ち着かないと考える妊婦さんもいるようです。そこで一般的な家庭のような建物の中で自然な出産をしたいと助産院を選ぶ妊産婦さんが増えています。このように助産師の仕事は産科不足の今の時代を救う重要な役割を担っています。

看護職の中でも、唯一開業することが認められている助産師です。お産を取る回数が多ければ多いほど収入もあります。開業助産院の場合は、平均年収を上回る可能性もあります。

しかし、開業するためには最低限の医療設備をそろえなければいけません。正常分娩以外の出産やお産中に緊急事態が起きたときは、病院へ搬送しなければいけません。母子の危険性のリスクもあるということです。

メリット、デメリットも含めて考えると開業助産師になるには相当な経験が必要です。年収だけを考えて動いてしまうと大変なリスクを負う可能性があるということも頭に入れておかなければいけません。

まずは病院などで5~10年の経験を積んでみてはいかがでしょうか。様々なケースのお産に立ち会うことができ、緊急事態での対応も身に着けることができます。
群馬大学医学部附属病院

なぜ助産師不足になるのか

助産師が不足をしていて助産師を求める声は多いのですが、助産師不足はいつまでたっても解消されることはありません。それはなぜなのでしょうか。

助産院や助産師のもとで自宅出産を希望する妊産婦さんは多くいます。しかし、助産師として助産院を開業してフリーで働いている方は多くはありません。また、大半の助産師は総合病院や産科の開業医に勤務しているのですが、それでも助産師は不足していて求人に苦労しているところが多いようです。

24時間いつ始まるか分からないお産に備えなくてはいけないので、育児中の方はなかなか続けていくことができないのも現状です。助産師の需要は増加しているのですが、助産師不足を打破するために対策が図られているかというと少子化、出産率の低下のせいなのか助産師の養成機関の数や実地研修を受け入れる医療機関が充実される様子はありません。

さらに社会人が助産師を目指すのは険しい道となってしまっています。

助産師の養成機関は少なく、定員もかなり少なくなっています。看護学校を経て看護師の資格を取得できてもその先の助産師の勉強をできる人数は限られているということです。また、看護師と助産師の資格を一度に取得する場合は看護の教育課程と助産師の教育課程を同時に学ばなければいけないのでとても大変です。

実地研修期間中は夏休みや冬休み、休日も返上で行われます。助産師の資格を取るのはとても大変なことなのです。

助産師という仕事は、責任が重くのしかかる仕事です。それ相応の勉強期間と経験を積まなければいけません。ですので一人前になるには時間が必要となってしまいます。だからと言って、助産師不足の解消のために助産師としての資質の水準を下げてしまうと医療事故が起こりやすくなってしまう可能性もあります。

このように、助産師になるための険しい道のりが助産師不足をすすませてしまっているのです。今後加速していくといわれている出産率の低下にともない、助産師の需要が変わっていく可能性もあるのかもしれません。

アメリカでの助産師の扱いは?

助産師が活躍しているのは日本だけではありません。例えば、アメリカの場合はどのようになっているのでしょうか

日本の場合、医師のサポートをする存在としての立場が大きいですよね。 しかし、アメリカの場合はほとんど意識と同じ役割を担っているのです。

診察や検診、検査のほかにも薬の処方なども行うため、日本の助産師に比べて担当できる業務も多く、やりがいも感じることができるでしょう。 しかし、医師と同じ役割を果たすということは、それだけ助産師としての責任も重くなるということであるため、良いことばかりとは言えません。

帝王切開で施術をする際などには第一助手としても活躍するのですが、通常業務としては日本と同じく産前教育なども行っています。

日本の助産師のみでできる行為といえば、正常分娩による助産行為のみですよね。 もしも助産院に入院している妊婦さんだったとしても、異常分娩ということになれば病院に運んで帝王切開などの対応を取ってもらう形になります。

それから、アメリカと日本の助産師の間で最も大きく違うといえるのがアメリカの場合は男性の助産師も認められているということです。

日本は、男性は助産師の資格を取得することはできません。

また、保険に関する違いもあります。 日本の場合は保険適用になるのは異常分娩のみですが、アメリカの場合は正常分娩も保険を提供することができるのです。

ただ、出産にかかる費用はアメリカの方が極端に高いため、日本に比べお得なのかというと一概にそうとはいえません。医療保険料が高額であるため、加入できない人も多いというのが実態となっていいます。

助産師に求められる役割というのはそれほど変わりないのですが、アメリカのお産は日本に比べて自由で、どのような環境で出産をしたいのかにこだわっている方が多く、それに対応できる助産師の需要というのは非常に高いといえるでしょう。

日本も人の中にも自分らしく、思い出に残るような出産をしたいという方が増えてきているので日本でもこのようなスタイルが増えていくかもしれませんね。

メニュー

ページの先頭へ