助産師が転職した将来像について

景気がなかなか上がっていかないこの世の中、これから就職を考えている方たちに人気なのが倒産のない公務員です。医療の現場でも安定を求める人たちが多く、公立の病院や地域の保健センターでの仕事に人気が集まっています。

公立病院は、地方公共団体が条例に基づいて開設した病院です。医師や看護師、助産師に限らず公立病院に勤めている人はすべて地方公務員となります。ほとんどは総合病院で、配置換えなどはありますが仕事内容は民間の病院とほとんど変わりはありません。採用試験があり、面接をして合格をすることで仕事に就くことができます。

公立病院の募集条件をクリアしている人に受験資格を与えられます。資格を持っていて実務経験や臨床経験があればほとんどの人が受験をすることができます。

民間の病院とは違い、安定感があり媒体によって守られているので安心感も得ることができます。現場によって違いはあるのですが、規定以上の労働は少ないようです。

しかし、公立病院の経営は医師不足に加えて地方自治体の財政難によって減少してきているのが現状です。公立病院の応募を見つけることができないときは、地域の母子センターや保健センターでの仕事もあります。これは分娩などの現場ではなく事務所内での仕事になるのですがこれも地方公務員です。

現在、公立病院で助産師公務員として働いてそこで出逢った赤ちゃんたちの成長が気になるという方もいるようです。そんな方が保健センターでの勤務にかえるということも珍しくありません。

母子センターや保健センターでは事務の仕事の他に新生児の定期検診や新生児訪問をすることもあります。病院勤務とは違い、新生児やお母さんに寄り添ったケアをすることが仕事となっています。

公立病院や保健センターの仕事は人気の仕事ですので、なかなか辞める人がいないからなのか募集はあまり多くありません。また、最近では年齢制限を設けている場合も多く、条件は厳しくなっているようです。

公務員としての仕事を希望する場合は常に求人情報を気にかけている必要があります。

メニュー

ページの先頭へ