看護師と准看護師の違い

医療関係の資格取得を目指しているという方の中には、看護師と准看護師の違いがよく分からず、どちらを選ぼうか悩んでいる方もいるようです。

実は、看護師と准看護師では様々な違いがあります。

まず、准看護師は2年間制の学校に通う必要があるのに対し、正看護師は3年間通わなければならないということです。

これは大きな違いですね。

学校に通わなければならない年数が違うということは、学費にも影響してくるわけなので、学費を抑えたいということであれば准看護師のほうが安く済ませられます。

しかし、もともと看護師不足を補うために准看護師という資格が誕生したということもあり、看護師不足問題が解消された後に准看護師がどのような扱いになっていくのかまだまだ不明な点があるといえるでしょう。

実際に准看護師資格を取得した働き始めたものの、その後正看護師を目指す方も多いため、可能であれば正看護師資格の取得を検討したいですね。

勤務先を探す際にも、准看護師は不利になってしまいます。 個人病院や診療所であれば問題ないかもしれませんが、大手の病院などでは正看護師のみに限定して採用している所も多いため、このあたりは理解しておきたいですね。

正看護師の場合の初任給相場は25万円~28万円程度となっていますが、準看護師はこれよりも低いです。 それでいながら正看護師と同じような仕事を担当することも多いため、これをストレスに感じてしまう方もいます。

給料や働きやすさの問題でも正看護師の方が上だといえるので、やりがいを持って楽しく働くためにも正看護師を目指してみてはどうでしょうか。

医療関係の職業ということもあり准看護師も高収入が期待できるといえばそうなのですが、どうしても正看護師の方が優遇されるため理解しておかなければなりません。

それに、正看護師になることができれば助産師などになる道も開かれるため、将来的に転職活動する際にも様々な点でメリットがあります。

長く看護の世界で働きたいと思っている方は準看護師よりも正看護師資格の資格取得を目指すのがおすすめです。

メニュー

ページの先頭へ